太っていることをコンプレックスに思っている人は多い

Posted by mmthree on 2016年4月5日 in コンプレックス | Short Link

≪容姿のコンプレックスを抱えている人は多い≫

自分の容姿にコンプレックスを抱えている人は多いと思います。容姿のコンプレックスは、なかなかすぐには克服できないので、自己嫌悪や、自分に自信が持てない原因になりがちですよね。自分の容姿にすべて自信があるという人は、少なく、だれでも何かしら、自分の容姿で気に入らない所は有ると思いますが、コンプレックスになるほどまでに容姿を気にしている人はどんなところを コンプレックスに思うのでしょうか。

≪容姿のコンプレックス一番多いのは肥満≫

容姿のコンプレックスで一番多いのは、肥満、太っていることなのではないでしょうか。誰から見ても肥満体型で、肥満をむしろ自分の売りにしているようなタイプの人ではなく、普通より少し太っているというくらいの人の方が、自分の体型をコンプレックスに思っている人は多いようですね。周りから見ても、全く太っていないように見えても、自分は太っている、と体型に強いコンプレックスを持っている人も多くいます。さらに、現在は、モデル体型の若者も多く、いわゆる日本人体型の人は、コンプレックスをより強く感じやすい時代にあると思います。

≪容姿のコンプレックスが与える影響≫

太っているということに強いコンプレックスを持っている場合、自分の体に自信が持てないことから、異性との付き合いがなかなか前に進めないことが多いです。他にも、周りから否定的な目で見られているような被害妄想だったり、過食症、拒食症など、体に悪影響を与えることもあります。自分の体型にコンプレックスを感じ続けているというのは、辛い物です。自分を自分で否定していることと同じですからね。なんとかして、克服して、自己肯定感を強めていきたいものです。

Copyright© 2017 m-three All Rights Reserved.